乳幼児を連れての飛行機搭乗は大変!バシネットの確保について

乳幼児を連れての飛行機搭乗は大変!バシネットの確保について


乳幼児を連れての飛行機搭乗は大変。バシネット(ベビーベッド)があれば


言うまでも無く、乳幼児を連れての飛行機搭乗は大変です。
大泣きしてしまい、回りに迷惑を掛けるのではないか、仕方が無いとはいえ親としては憂鬱ですよね。

寝てくれれば安心ですが、狭い席で、ずっと子供を抱えるのはこれもまた大変です
一人分のシートを確保するのも馬鹿にならないお金が掛かってしまうし、八方塞です。

しかし、バシネット(ベビーベッド)があればその大変さはいくらか和らぎます

シートベルト着用サイン消灯中は、バシネット内でおもちゃを与えて遊ばせることが出来ますし、バシネット内で寝てくれると、その間は大人だけでゆっくりとくつろぐ事が出来ます。
起きていても、バシネットのスペースが子供の遊び場としても、
ママバッグ置き場としても、有効に使用出来ます。

そんなバシネット、子育て世代のご両親にとって使わない手は無いと思います。
数に限りがあり、希望すれば100%使えるとは限りませんが、事前に準備していれば高確率で使用可能です。
今回は、バシネット確保のため管理人が重要視していることをご紹介します。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


バシネット取り付け可能な座席を予約する。


先ほど書いたとおり、いい事尽くめのバシネット(ベビーベット)ですが、
数や設置できる席に限りがあり100%使えるわけではないので注意が必要です。

しかし、負担を和らげるため使用できるものならしたい、大事なことはなんといっても、
バシネット取り付け可能な座席を予約する
という点につきます。

バシネット、ベビーベットはそれなりに大きいです。当然、取り付けできる座席には限りがあり、その座席を確保できなければ使用できないということになります。

ではバシネット使用可能な座席はどのように確保するのか、、。


一番確実な方法は電話です。


その理由は、基本的にバシネット使用可能な座席は最前列などに多く、事前の座席指定可能枠に設定されていない(ブロックされている)事がほとんどだからです。
(JALの電話オペレータから聞いた情報)

バシネット使用可能な座席
図で言うと、黄色の席の前のみにバシネット取り付け可能、といった具合。

したがって、個人で航空券を確保する場合でも、旅行会社を経由してツアーなどを申し込む場合でもバシネット取り付け可能な席を指定することは不可能です。

また、実際に乳幼児が一緒に搭乗できるかわからないといった場合でも、とりあえず電話してバシネット取り付け可能な座席指定だけでもしてしまいましょう
席さえ確保できれば、直前になっても使用できる確率は格段にアップします。

良い旅を!

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする