クレジットカード発行案件で過去所持した事のあるカードに申し込んでみた

クレジットカード発行案件であえて過去所持した事のあるカードに申し込んでみた のでご紹介します。

ハピタスで効率よくポイントを貯めるため、高額案件を狙っていこう!
と以前に書きましたが、当然言った本人の私もせっせと実行しています。

今回は、ハピタスで獲得ポイントが大幅増額された「三井住友VISAカード<エブリプラス>」の案件に挑戦しました。

クレジットカード発行案件であえて過去所持した事のあるカードに申し込んでみた

この案件です


その中で、ポイント獲得条件に一部引っかかる点がありましたが、検証の意味も含めて突撃してみました、その経緯を報告します。


エブリプラスのポイント獲得条件は?

まずは、気になる三井住友VISAカード <エブリプラス> のポイント獲得条件に付いてみてみます。

こちら

【ポイント獲得条件】
新規カード発行完了(カード受取確認必須)
※2017/4/1~の追加条件⇒三井住友VISAバーチャルカード同時発行必須。一部「iD」がお申し込みいただけないカードがございます。その場合は、申込不要です。

新規カード発行するだけでポイント条件が満たされるなんて、はっきり言って楽勝です。
こんなに簡単なら、迷わず申し込みたいところですが、ポイント却下条件に気になる記載がありました。

こちらです

【ポイント却下条件】
既に三井住友VISAカードのいずれかを所持している(過去所持していた)場合・虚偽・不正・いたずら・重複(IP/住所)・キャンセル・不備・カード発行に至らない場合・取消などは不可。
※Master Card発行は全て対象外となります。
※各家族カード発行は全て対象外となります。
※資料請求でのお申込の場合も対象外となります。


過去に三井住友VISAを持っていたらダメなの??

そうです、ポイント却下条件の中にあった気になる文言とは、
既に三井住友VISAカードのいずれかを所持している(過去所持していた)場合は不可
という部分です。

私は以前に、三井住友VISA PrimeGoldカードというものを所持していました。
20代限定で入れる、年会費の安いゴールドカード(プライムゴールド)です。

クレジットカード発行案件であえて過去所持した事のあるカードに申し込んでみた

三井住友VISA PRIME GOLDカード


こちらは年齢が30代となった後の最初の更新時に、
通常のゴールドに自動で変更→年会費高騰
となってしまうので、そうなる直前に退会したのですが、かがやく時間をこの1枚と過ごした事は、ポイント却下条件の「過去所持していた」という点に完全に引っかかります

厳密にはダメなんでしょうねぇ。


厳密にはダメでもとりあえず申し込みます。

このようにポイント条件を細かく見ていくと、厳密にはダメとなる場合が結構あります。
しかし、そのポイント条件は厳格に適用されないことが多いです。

以前、同一住所ではポイント獲得不可のFX案件に挑戦してみた所、無事に同一住所の私と妻の両方がポイント獲得できたという検証結果もあります。

少々のポイント却下条件に引っかかっても、下記の条件に当てはまれば挑戦する価値ありだと思っています。

・ポイント獲得条件が緩い
 →ダメかもしれないけど、簡単に満たせる条件ならダメもとでやってみる。
・獲得ポイント数が多い
 →ダメじゃなかった時を考えると、申し込まないってことは高額ポイントを無駄にするということになる。

ということで、あえて過去所持した事のあるカードに申し込んでみ ました。


まとめ

またもや、結果も何も出ていない状況で纏めようのないまとめですが、無理やりまとめるとこうなります。
ポイント却下条件に少々引っかかっても、認めてくれることが多くあります。迷ったら行くべきです!

今回の、 ク レ ジ ッ ト カ ー ド 発 行 案件 で あ え て 過 去 所 持 し た 事 の あ る カ ー ド に 申 し 込 んで み た の結果が出たらまた記事にします。

結果出ましたー。こちらで紹介しています。

今回のポイント案件はハピタスに掲載されていたものです。
興味をお持ちになったらぜひ登録してみてください!
下記、リンクから登録が可能です。
また、初回登録特典として30ポイントがもらえます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス