ふるさと納税していた茨城県境町からなかなかびーふ切り落とし1.2kgが届いた

ふるさと納税関連日記です。
2013年からふるさと納税を始めましたが、最近はもっぱら牛肉、お米、お酒ばかりを選んでしまってます。
やはり、家計に直接影響するものがお得感高いです。
そんな中で、使いやすい切り落とし、細切れで単価の高い牛肉で、しかも量が多いとなると、迷わず寄付してしまいます。
今回、そんな条件にマッチしたのでご紹介したいと思います。

先日ふるさと納税していた茨城県境町から牛肉の切り落とし『なかなかビーフ』切り落とし1.2kg(400g×3)が届きました。


10000円の寄付で牛肉の切り落とし『なかなかビーフ』切り落とし1.2kg(400g×3)


なかなかビーフが届いた
ふるさと納税の中で、特に人気が高いのは牛肉です。
しかも、今回はブランド牛肉『なかなかビーフ』の切り落としが1.2kg(400g×3)ももらえるということで、早速申し込みしていました。

ふるさと納税のサイトによると、

赤身肉ではありますが、黒毛和種のきめ細やかな肉質の良さを兼ね備えており非常に人気とのこと。ヘルシーな牛肉を楽しみたい方におすすめらしいですよ!肥育の名人達のこだわりの飼料「なかなかびーふ」で愛情をそそぎ手間を惜しまず育てた交雑牛を「なかなかびーふ」と命名しており、香り豊かな旨味のある牛肉に仕上っているらしいです。

例によって、実際に購入したらいくらくらいになるんだろうと調べてみましたが、わかりませんでした。
ふるさと納税の返礼品の値段はなかなか想定しづらいですが、今回で言えば4000円~5000円くらいでしょうか。

ふるさと納税でなかなかビーフ
冷凍便で届きました。

茨城県境町からなかなかびーふ

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


ワンストップ制度の利用は?

去年から制度が開始されたワンストップ制度ですが、みなさんはお使いになってますか?
管理人はワンストップ制度は利用することは無いかなーって思っています。

その理由は、5自治体を超える寄付を行った場合、ワンストップ制度が適用されないということ!
これは困りますよね、この制限がある限りワンストップ制度は使えないと思っています。

というのも、寄付金額の設定で一番多いのは10,000円です。
返礼品も、その価格帯に設定してあるものが最も多く、選択肢が豊富でお得なものも多いです。
20,000円、30,000円という価格帯もありますが、費用対効果が最も良いのは寄付金額10,000円です。

そういったことを考えたとき、年間の寄付金額の合計が50,000円を超える方は自治体の数が5箇所では足りなくなってきます。
自治体によっては複数回寄付をして何度も返礼品を受け取れる場合もありますが、その都度自由に寄付先を選べるほうが良いに決まってます。
また、20,000円、30,000円を寄付して納付自治体の数を減らすことも出来ますが、前述したとおり選択肢が大幅に減りますし、何より自由じゃないです。

そんなことを考えて、管理人はワンストップ制度とは距離を置いています。
税務署への寄付の申告も簡単に出来ますので、次回の記事でやり方を紹介したいと思います。

以上、 ふ る さ と 納 税 し て い た 茨 城 県 境 町 か ら な か な か び ー ふ 切 り 落 と し 1 . 2 k g が 届 い た でした。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする