ふるさと納税の返礼率が3割程度に下げられてしまうかもしれない

ふるさと納税の返礼率が3割程度に下げられてしまうかもしれない

今年も着々とふるさと納税を行っています。
先日も大量の豚肉が届いたので記事にしたばかりです。

そんななか、またまたモンベルポイントバウチャーを申し込んでしまいました。

なぜまたかというと、総務省の鶴の(余計な)一声で、ふるさと納税の返礼品に大きな規制がかかってしまいそうだったことが原因です。
その前の駆け込み納税でした。

どんなことかというと、、、


ふるさと納税の返礼率が下がる?

ふるさと納税の返礼率が3割程度に下げられてしまうかもしれない

今までがおいしすぎたのかもしれませんが、がっかりです


総務省の通知によると、ふるさと納税の返礼率を3割までに抑えるよう全国の自治体に要請するとのことです。
また、商品券や家電製品といった返礼品は全面的に無くす方針です。

 現在、平均返礼率は約4割程度とのことですが、4月以降はこれを3割以下に抑えるよう求めるということですね。
また、自分が住んでいる自治体に寄付した住民には、返礼品を贈らないようにも求めていくそうです。
超人気自治体に住んでいる人は損ですが、禁止したいのはちょっとわかる気がしますね。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


徐々に返礼率の低下が発表されている

上記の総務省通知を受け、各自治体徐々に返礼率の引き下げを発表しています。
返礼品提供業者との調整や、各自治体内部での調整もあるので、総務省の発表を受けてすぐに引き下げます、返礼品の内容を変えます。とはいかないのですが、徐々に引き下げの波がいろいろなところに押し寄せています。

ほとんどの人にとって、まだ今年分のふるさと納税枠があまりまくっている状況だとは思いますが、引き下げが本格的に進む前にめぼしいところには寄付の申請をしておいたほうがよさそうです。

だって、自治体にとっては返礼率が低いほうがいいに決まっています
ただ、自分だけが下げると自分だけ評判・人気が落ちますが、みんなで一斉に下げるので、自分だけが不利な状況に陥ることもないです。

総務省の言うことに従うという、かっこうの体裁で、しかもみんな一緒に下げるから不利になることもない、、、。
そりゃー下げますよねぇ。


とうとうモンベルポイントバウチャーにもメスが

今まで書いてきたように、お気に入りのふるさと納税返礼品がなくなってしまう可能性が非常に高いです。
おそらく、今年の終わりから来年の頭にかけて返礼率5割を維持する自治体はほとんどないといっても過言ではないと思います。

そんな中、恐れていた発表が出てしまいました
6月9日にメールで届きました。

TITLE:小谷村ふるさと応援寄付事業から返礼率変更のお知らせ

小谷村ふるさと応援寄付の返礼率について、平成29年4月1日付の総務省通知を受け、検討を進めた結果、平成29年7月1日申込みより返礼率を3割に変更することといたしました。
(銀行振込・郵便振替を希望の方については申込み後7月31日までにご入金いただいた方)
 寄附者の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、制度維持のためにもご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ピックアップ
・モンベルポイントバウチャー
・コールマンオンラインポイント
・ネスレプレミアムポイント
・小谷村宿泊補助券

なお、現時点では取扱い中止となる返礼品はありませんが、今後、総務省との協議の中で変更になる可能性がありますのでご了承ください。

平成29年4月1日付の総務省通知を受け、としっかり書かれていますね。
言い訳といったら言い訳ですが、これには誰も逆らえません。


まとめ

ふ る さ と 納 税 の 返 礼 率 が 3 割 程 度 に 下 げ ら れ て し ま う か も し れ な い ということで書き進めてきましたが、いかがでしょうか。

具体例を挙げた長野県小谷村のモンベルポイントバウチャーでは、7月1日の寄付以降、返礼率を5割→3割とすることを発表しました

自治体が実際に返礼率を下げるまではまだ時間があるはずです。
お気に入りの返礼品が決まっている方はお早めに!

ふるさと納税の返礼率が3割程度に下げられてしまうかもしれない

また総務省かー

以上、ふ る さ と 納 税 の 返 礼 率 が 3 割 程 度 に 下 げ ら れ て し ま う か も し れ な い でした。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする