特典航空券で香港マカオを発券。ついでに金沢にも

特典航空券で香港マカオを発券。ついでに金沢にも 行ってみました。

先日、「ANAで家族用のNY-福岡の国際線特典航空券を発券した」ということで記事にしましたが、

今回もまた別の旅程を発券してみました。
今回は、ハピタスでためたマイルを利用して、特典航空券で香港マカオを発券。ついでに金沢にも 寄り道できるようなプランで予約してみました。


特典航空券で香港マカオを発券。ついでに金沢にも 寄り道してみます。

今回の旅程は
往路:福岡発、関西空港経由、香港行き
復路:香港発、成田空港到着。地上移動を経て、羽田空港発、小松空港経由、福岡空港行き。
というものです。

かなり複雑ですね。

eTicketは下記のようになっています。

特典航空券で香港マカオを発券。ついでに金沢にも

eチケットです


ANAの特典航空券では、東京、大阪、名古屋以外の地方空港から直接海外に行くことができませんので、関西や成田を経由することになります。
そのなかで、せっかく経由で成田に行くなら、ついでに金沢にも寄ってみようと思ってプランニングしました。

金沢に行くのは最終日ですが、羽田空港の出発時刻を10時30分で予約しています。なぜこんなにゆっくりかというと、朝起きる自身が無かったからです。
予約段階では旅行途中の自分のテンションがあまり読めません。早く出かけたいのか、疲れてゆっくりしたいのか、、。もしかすると家に帰りたくなっているかも。
なので、予約段階であまりきつきつに詰め込むことはせず、余裕を持った日程を組むようにしています。

ゆるい日程を組んでしまうともったいないという気もしますが、それでもゆるく組むのには理由があります。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


でもやっぱり早い便に乗りたくなったどうする?

自分のテンション、旅行中の体調が読めないのであえてゆったり目にプランニングすると書きましたが、せっかく旅行するのに早く目的地に着かないともったいないと思ってしまいますよね。
そんなときにどうするかについて少し考えて見ます。

僕はもったいないという意見に対しては、「まあ、別に早い便に変更したくなっても、まず間違いなく変更できると思っていますし。」という気持ちでいます。

実は特典航空券には、出発当日に空席があれば、早い便へ変更できる。というルールがあります。
ただし、後への便への変更は不可ですが、ゆったり目のプランから、朝が早いストイックプランに変更するという用途には十分使えます。

このあたりの詳細は、「特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法」として過去の記事にもまとめています。

この記事は、特典航空券の枠が満席の時には後ろの便を予約して、当日空港で本当に希望時刻の便に変更してしまおう!
という作戦を紹介したものなので、ちょっとアプローチの仕方が違いますが、ぜひご覧ください。


まとめ

今回、特典航空券で香港マカオを発券。ついでに金沢にも 寄り道しちゃおうということでプランニングしてみましたので記事にしました。
今回のプランでは、
行き:福岡空港→関西空港→香港国際空港
帰り:香港国際空港→成田空港 羽田空港→小松空港→福岡空港
と、飛行機に5回も乗るプランで発券しました。

そして、運よくローシーズンだったためこれだけ乗りまくって必要なマイルはたったの17,000マイルでした。

これはレギュラーシーズンの福岡空港⇔羽田空港の15,000マイルとそこまで変わらず、お得なプランだったと思います。
やはりマイルはためるのと同じくらい、使い方も大事です。

せっかく色々行ったので、今回の特典旅行記もぜひご覧ください。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする