JALの機内エンタテインメント不具合でお詫びマイルが付与された

J A L の 機 内 エ ン タ テ イ ン メ ン ト 不 具 合 で お 詫 び マ イ ル が 付 与 さ れ た

先日、JALの機内エンタテインメント不具合でお詫びマイルが付与されたということがありました。

珍しいことなので記事にします。


何が起こったのか

利用した便は、インドネシアのジャカルタ発、成田行きのJAL726便です。
機体は787で、MAGICVだったかな?で非常に期待していました。

しかし、不具合なのか、モニタが頻繁に誤動作を繰り返すようになりました。
触ってもいないのに、タップされたような反応が現れだし、他の場所を触り続けている様な状態が続いていました。

画面を触ると、メニュー画面がポップアップで現れたりすると思いますが、それと同じ現象が勝手に起きてしまい、メニュー画面が現れまくります。
映画を見ていても操作メニューがポップアップされるので、字幕が見られない

画面のどこかが勝手に触られているような状態なので、いざ操作しようと思っても人間のタップをなかなか受け付けません

諦めて、日本語の映画に切り替えたが、勝手にいろいろなところかタップされるような状態は続き、操作メニューが頻繁に現れます。
操作メニューのせいで画面の下半分が見えない、、

仕方なく見ていたが、瞬時に音量がマックスになる誤動作も起きました。
慌ててヘッドホンを外したが、耳が痛かったです。

音量操作バーが画面上にあるのですが、音量バーの端っこ辺りがタップされたと誤認識してしまったようです。
このせいで音量バーが勝手に動きます。
これでは我慢してみることすらできません。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


JAL側の対応

乗務員さんに症状を伝えて、端末リセットしてもらったが症状改善されず。

その後、映画見なくてもいい人を探して席を入れ替えましょうと提案されました。

映画を見れないこと以上に、他人に席を代わってもらう、荷物を持ってみんな着席してる中移動すると言うのは、面倒だし、そこまでして映画なんて見なくても良いと思ったのでお断りしました。

仕方なく、これ以上の対応は不要ですと伝えました。
すると申し訳なさそうに、「お詫びとして、マイルを付与します」との提案を受けました。

ポイントサイトで年間20万マイル以上貯めているので、お詫びマイルを少しいただいても正直うれしくは無かったのですが、不具合の対応として丁度いい折衷案だと思ったので、受けることにしました。

申し込みのはがきを渡されたので、記入して乗務員さんに渡しました。

果たして、搭乗から2週間ほどで下記のようにマイルが付与されました。

JALの機内エンタテインメント不具合でお詫びマイルが付与された

2,250マイルが付与されています


ジャカルタ-成田便で機内エンタテインメントを提供しなかった代償として、2,250マイル付与されていました。


まとめ

今回、 JALの機内エンタテインメント不具合でお詫びマイルが付与された という珍しいことがあり、記事にしました。

東南アジア路線で2,250マイル
相場がわからないので多いか少ないかわかりませんが、機内エンタテインメントなんておまけ位に思っていたので、「使えなかったからマイルを上げます」と言うのは、かなり思い切った対応だと思います

しかし、おまけ位のものでも楽しみにしている人もいますし、自分の席だけ使えないのは残念な気持ちが残ります。
そんな溜飲を下げる対応として、マイル付与は良い落とし所だと感じました。
日本企業らしい対応だと思います。

以上、 J A L の 機 内 エ ン タ テ イ ン メ ン ト 不 具 合 で お 詫 び マ イ ル が 付 与 さ れ た でした。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする