実践編。メトロポイントからANAマイルへの交換手順

実践編。メトロポイントからANAマイルへの交換手順 です。
いよいよ実践編の最後、ANAマイルに交換する手順についてみていきたいと思います。


その前の復習として、ソラチカルートについては下記リンクを参照してください。


また、初期設定手順などの準備編も下記に紹介してあります。


また、先日の記事で、実際にハピタスポイントをPEXポイントへ交換する手順PEXポイントをメトロポイントへ交換する手順をご紹介しました。


今回は、実践編の最後の手順、メトロポイントからANAマイルへの交換手順を見ていきたいと思います。


メトロポイントからANAマイルへの交換手順

まずは例によって、ソラチカルートの復習から行いたいと思います。
ソラチカルートとは、下の図のようなルートでANAマイルへ交換することで、効率よくANAマイルが獲得できるというものでしたね。


route5
今回は図の中の3.の手順についてご紹介することになります。


メトロポイントからANAマイルへ実際に交換してみます。


1.まず、To Me CARD 会員専用サイトにログインします。トップページから「メトロポイント移行申請」をクリックします。



2.次に、「他のサービスへ移行」欄の、「ANAマイレージクラブ」を選択します。


metro-anamile2


3.メトロポイント移行申請画面に推移するので、「移行メトロポイント数」を入力します。
メトロポイントからANAマイルへの交換には上限が設定されており、毎月20,000ポイントまでとなっています。
100ポイント→90マイルの交換レートなので、毎月の獲得ANAマイルは18,000マイルになるわけですね。


20,000ポイントの交換であれば、下2桁の00は記入済みなので200とだけ記入して、「入力内容を確認する」をクリックします。

metro-anamile3


4.確認画面です。20,000ポイントが18,000ANAマイルになっていることを確認して、「送信する」をクリック。

metro-anamile4

「お申し込みを受け付けました」と出ると、交換申請完了!


metro-anamile5


メトロポイントからANAマイルへの交換申請は月に1度のみ!

メトロポイントからANAマイルへの交換申請は月に20,000ポイントまでと上限の記載をしましたが、回数にも制現があります。
交換申請をした時点から、交換が完了するまでの間は「申請中」となり、グレーアウトされています。
こうなっていると、追加で交換の申請ができません。

実践編。メトロポイントからANAマイルへの交換手順

実践編。メトロポイントからANAマイルへの交換手順

したがって、メトロポイントが20,000ポイントに達していない時には、11日ごろのPEXポイントからメトロポイントへの交換完了をまって、20,000ポイントになるのを待つのも手だと思います。(うっかり忘れて15日を越えないように注意!)


毎月15日までにはメトロポイントからANAマイルへの交換申請を済ませる。

毎度書いている気がしますが、ソラチカルートは、「ハピタスポイント→PEXポイント→メトロポイント→ANAマイル」と、3回交換申請する必要があります。
そのため、その都度交換に時間がかかってしまうわけなので、交換スケジュールや交換上限を踏まえて効率よく作業することが肝心です。

「メトロポイントからANAマイルへの交換」は、毎月15日までの申請分がやっと翌月8日頃に完了します。

毎月1日~14日の間に交換申請が完了すると、15日に締め切られ、翌月8日くらいには交換申請が完了するため約1ヶ月ですみます。
しかし、16日以降の申請完了ですと、翌月15日に締め切られ翌々月8日に交換完了するというスケジュールになっているようです。
ソラチカルートの1回の交換に2ヶ月もかかってしまうと、とっても非効率です。ぜひ、毎月15日までにはメトロポイントからANAマイルへの交換申請を済ませる様にしてください!