特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法

特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法 について紹介します。

陸マイラーの皆様はマイルを特典航空券に交換することが多いと思いますが、希望の便を取るのは苦労しますよね。

そもそも特典航空券用に割り当てられている座席は少なく、取れないこともしばしばです。
ただ、飛行機の席が全部埋まっているというわけではなく、あくまで「特典航空券用に割り当てた席は無いですよ」というだけです。

特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法

飛行機の席沢山ありますしね


そんなとき、特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法 というか結果的に特典で取れたことにするちょっとしたコツがあるのでご紹介します。

前知識として、まずはお金を払って購入するチケットと特典航空券の違いについて下記事にまとめていますので良かったらご覧ください。

前置きが長くなりました、話を元に戻します。

特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法ですが、過去記事にも書いた特典航空券のこんなルールを利用した裏技です。


出発当日に空席があれば、早い便へ変更できる

そのルールは、出発当日に空席があれば、早い便へ変更できる。というものです。

実は特典航空券には、過去記事に記載した4日前まで変更可能、というルールに加えて、出発当日に空席があれば早い便へ変更できる。というものがあります。
ただし、後への便への変更は不可です。

例として、

特典航空券を使って旅行をするとき、午前中に出発したいが満席で取れず、あきらめて午後便にしたとします。
でもやっぱり早い便で出かけたい!

そういった場合でも、有償で予約する便に空きがあれば、当日空港で早い便に変更してくれます。
しかも無償です。

tokuten-urawaza

窓口で申し出てみてください


したがって、早い便に乗りたいときは出発当日に空港に行って、変更を申し出ることが可能です。
これは特別な配慮をお願いしているわけではなく、特典航空券のルールに定められた当然の権利ですので、遠慮なくお願いしてみてください。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


とはいっても空席がないリスクはあります

特典航空券が満席でも何とかして希望の便に乗る方法 として書いてきましたが、乗りたい便に空席がなく、変更が出来ないリスクは当然付きまといます
また、当日まで変更できるかが分からないというのもリスクですね。

変更するつもりで張り切って早い時間に空港に行っても空席が無く、結局最初の出発便まで空港で待つなんて事にもなりかねません。

したがって私はネットで空席状況を事前に調べておく様にしています。
前日までに十分な空席があれば、当日急に埋まる可能性は低いので早起きして空港に向かえば良いです。その際も出発直前にネットをチェックしますが。

無理なら諦めて寝坊します。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする