ユナイテッド航空のマイルで地方~地方のANA便特典航空券も5,000マイルで取れる

ユナイテッド航空のマイルで地方~地方のANA便特典航空券も5,000マイルで取れる お得技について紹介します。


乗り継ぎの発生する地方~地方のANA便特典航空券は非効率


ANAやJALの国内線特典航空券は、沖縄の離島を除き、基本的に直行便が飛んでいる区間しか予約することが出来ません。
レギュラーシーズンの場合、たとえば、鹿児島ー羽田便などは直行便が飛んでいるので、問題なく往復15,000マイルで予約が出来ます。

ANAで調べた鹿児島発の直行便は下記のとおり。↓
united-ana1

しかし、直行便が飛んでいない区間、たとえば鹿児島ー仙台などはANAやJALの国内線特典航空券では取る事ができません。
乗り継ぎができないからです。

上記区間をANA特典航空券で飛ぼうと思ったら、下記の様に27,000マイルも必要になってしまいます。
鹿児島ー羽田 15,000マイル
羽田ー仙台  12,000マイル
合計     27,000マイル

高いですよね、非常に非効率です。
しかし、ユナイテッド航空のマイルを使ってANAの特典航空券を予約することによって、こんな問題は一気に解決できます。
今回はそんな内容をご紹介します。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


ユナイテッド航空のマイル利用なら乗り継ぎ便でも片道5000マイル、往復10,000マイルでOK


そうなんです。
ユナイテッド航空のマイルで、ANAの国内線特典航空券に乗る場合、地方~地方で乗り継ぎになったとしても、全行程合計5000マイル据え置きのまま利用できます
往復でも10,000マイルです。

実際に、ユナイテッド航空のページから鹿児島-仙台便を予約してみました。

予約詳細は下記の通りです。
united-ana2
ちなみに、詳細は下記となっていました。
往路
13:00鹿児島発 - 14:25名古屋着
15:00名古屋発 - 16:10仙台着
復路
17:30仙台発  - 18:50伊丹着
19:44伊丹発  - 20:50鹿児島着

どうでしょうか。
直行便が無い、地方~地方空港間でも往復10,000マイル据え置きのまま予約できていることがわかるかと思います。
しかも、国内線4区間も飛んでいるにもかかわらず。

以前紹介した、ニッポン500マイルキャンペーンと組み合わせると、デルタ航空のマイルが2,000マイルももらえてしまう計算になります。

ユナイテッドのマイルを10,000マイル消費してお得に特典航空券を発券しただけではなく、デルタ航空のマイルが2,000マイルも貰えるというおまけ付です。

すごく良いと思いますが、どうでしょう?


とはいっても、注意点もあります。


ユナイテッドのマイルでANAの特典航空券を片道5,000マイルで利用できるのは、出発空港から到着空港までの距離が800マイル以下の場合のみです。
800マイルを超えると片道8,000マイル必要となります。
とはいっても、例えば鹿児島ー札幌で羽田で乗り継ぎ、合計4区間利用になったとしても往復16,000マイルですみます。
鹿児島ー羽田、羽田ー札幌とANAで分けて取ると往復30,000マイル必要になってきますむので激安には変わりありません。

上記条件にさえ気をつけ、上手に利用することで特典航空券の利用の幅が広がると思います。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280
理系リーマンの節約日記336280
にほんブログ村
人気ブログランキング

シェアする

フォローする