ユナイテッド航空の国内線特典航空券片道分で往復旅行並みの行程を楽しむ

ユナイテッド航空では国内線特典航空券を同じスターアライアンスグループのANA便で発行できます。
単純にANAマイルでANA便往復旅行を発行するのとは違った魅力が多いのでまた色々考えてみたいと思います。


ユナイテッド航空の国内線特典航空券片道分で往復旅行並みの行程を楽しむ

陸マイラーの皆様にとって、ユナイテッド航空のマイルを使うとANA便の特典航空券をたった5,000マイルで発券できることは有名な話です。
また、JALやANAでは乗継が不可能ですが、ユナイテッド航空のマイルで乗るANA便の特典航空券では何故か乗り継ぎ旅行も追加マイル無しで可能です。
これも非常に有名な話。

そこで、マイルの使用方法研究に余念の無い陸マイラーの皆様はこう考えるわけです。
「片道5,000マイルで往復10,000マイルか。
なんとか5,000マイルの片道運賃で往復旅行が実現できないだろうか。」

今回は片道運賃でどこまでお得感が増やせるか検証します。

スポンサーリンク
理系リーマンの節約日記336280


ユナイテッド航空の特典マイルのルールは?

まずは、ユナイテッド航空の特典マイルの復習です。
必要マイルと、具体的な路線例は下記の通り。

ユナイテッド航空の国内線特典航空券片道分で往復旅行並みの行程を楽しむ

必要マイルと区間の一例

注意事項です。
・日本国内の特典旅行(国際線との接続がないもの)は、ご旅行の60日以内、少なくとも4日前までにご予約いただく必要があります。当該旅行の航空券は、発行日から90日間有効です。
・ストップオーバーはできません。0~800マイルの旅程にストップオーバーが含まれる場合、片道あたり1ランク高いレートの8,000特典マイルが適用されます。現行の全規約が適用されます。既存のご予約も新しい必要マイルで交換できますが、現行のポリシーに基づき変更手数料が適用される場合があります。

それを踏まえて、片道分のマイルで往復旅行に限りなく近づける方法を色々考えて見ます。


近い空港間の片道旅行を指定して、限りなく大回りをする

これは、非常に有名ですね。
私も過去、佐賀空港発福岡空港行きというむちゃくちゃな旅程を組んで、
佐賀空港→羽田空港→新千歳空港→福岡空港
と、佐賀、東京、札幌観光を楽しんだこともありました。

それとは別に、福岡→札幌→羽田旅行も敢行し、こちらは過去記事にも書いています。

関東の方だと、静岡空港→羽田空港などが現実的でしょうか。
試しに経路検索してみました。

沖縄鹿児島

沖縄鹿児島に寄り道しちゃうプランです

この経路だと、静岡を出発後、沖縄で一泊して翌日鹿児島でお昼ご飯を食べた後、羽田に戻るという旅程がたったの5,000マイルで可能となります。
他にも、札幌や福岡で遊べる経路もだくさん出てきて楽しいです。

一点問題なのは、静岡空港まで自力で行かなければならないという点です。
新幹線だと5,000円強、在来線でも3,000円ほど掛かってしまいます。


片道分発券時の大問題。空港間移動を考える

先ほど問題となった、静岡空港まで自力で行かなければならないという点です。
これはどうにかしたいですよね。

無理やり片道にし、出発空港と到着空港間の移動を自分で賄うことで往復10,000マイルかかるところを片道の5,000マイルに抑える!という技を考えている所なので、当たり前に発生する問題です。

  • .LCCでめちゃめちゃ安い片道チケットを発券する。
  • 最初か最後の空港移動に、思い切って安いチケットを別で買ってしまおうというものです。
    買っちゃったら意味無いと思われがちですが、LCCがたまに行っているキャンペーンのチケットは片道だと取りやすいです。
    というか、往復両方を最安運賃で購入なんて難しいです。
    そこで、片道だけでもなんとか安く変えた場合、
    LCC片道+ユナイテッド航空の国内線特典航空券片道
    でうまいこと組み合わせようということです。
    これだと、LCCで乗り継ぐ空港でストップオーバーができるというメリットもあります。

  • .空港間移動に青春18きっぷを使用する。
  • 電車
    これは季節限定になってしましますが、青春18きっぷの季節なら日本どこでも2,300円で行けるので良さそうです。
    時間をかけて青春18きっぷで遠くまで行き、帰りは飛行機で日本各地を回って帰るというのは旅としてなかなか面白そうです。
    また、青春18きっぷは滞在先での移動にも使えますし、なかなか有効ではないでしょうか。


    ちなみに搭乗便の変更はできるの?

    ユナイテッド航空の国内線特典航空券片道分発券する際、ウェブ上では様々なルートを提示してくれます。
    乗る方としては、朝早い便で行ってできるだけ長く滞在し、帰りはできるだけゆっくり滞在できる旅程がいいですよね。
    ウェブ上では好きに旅程を選ぶことができないので、とりあえず一番良さそうなものから選ぶことになりますがその後変更できると旅行の自由度があがります。

    結果としては、条件はありますが変更できます

    以下、ユナイテッドのホームページからの情報です。

    同日便変更手数料

    同日便変更手数料がかかります


    同日便への変更

    利用制限補足情報 *のある航空券をお持ちのお客様は、同日便への変更オプションを割引料金でご利用いただけます。ベーシックエコノミー運賃(Nクラス)を含む航空券ではフライトの変更はできません。マイレージプラスプレミアゴールド会員、プレミアプラチナ会員、およびプレミア1K会員のお客様は、無料でご利用いただけます。次の条件が適用されます。

    よくあるご質問

    特典航空券には同日便変更に関する手数料が発生しますか?
    はい。ただし、プレミアゴールド、プレミアプラチナ、またはプレミア1K会員アカウントからのマイルでご購入いただいた特典航空券に関しては、同日便変更に関する手数料は発生しません。

    ようするに、上級会員ではない平会員と、プレミアシルバーの資格しか持っていない方は75ドルかかりますが、変更はできますよって事でした。
    お金はかかってしまいますが、変更が金額に見合うなら全然ありです。知識としては知っておきたいですね。

    また、事前に予約変更が出来るわけではないですが、当日空席があれば、早い時間の便に変更するのは出来そうです。
    なので、駄目もとで空港に行ってみる作戦はありだと思います。


    まとめ

    今回は、ユナイテッド航空の国内線特典航空券片道分で往復旅行並みの行程を楽しむということで色々見てきました。
    旅程の無理の無い範囲で、近距離往復旅程を組み、空港間移動はLCC、青春18きっぷ、新幹線、などなど個々の事情に合わせて組み合わせてください。
    ウェブ上で色々なプランが提示されますが、当日の空港で早い便に変更することも一応可能です。
    これらの予備知識を持って、お得にプランニングしてください!

    行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程 行程

    スポンサーリンク
    理系リーマンの節約日記336280
    理系リーマンの節約日記336280
    にほんブログ村
    人気ブログランキング

    シェアする

    フォローする